注文住宅で家族の笑顔がすぐそこに

注文住宅は建売住宅よりも高い?

注文住宅は家の設計から購入側が立ち会うことが出来る建築手法です。
一戸建て住宅と言うと分譲住宅や建売住宅が中心で、注文住宅は自由設計が出来て良いけれども高いというイメージを持たれている人も多くいます。
建売住宅の場合は、複数の家を同時に建築するため、建築コストが安くなると言うメリットが在りますが、注文住宅の場合も建売住宅と同じくらいの予算で家づくりを行う事が出来るため、決して注文住宅だから高いと言う事はないのです。
注文住宅で家づくりを進める時には、何処に拘りを置くのかを明確にしておく事と複数の拘りが在る場合には、整理した拘りポイントに順番をつけておくことがコストを抑えて家づくりを進めることが出来るようになります。

自由設計ならではの難しさ

自由な間取りが魅力の注文住宅ですが、カタログやサンプルなどを見て家の中で使う設備を決める事になります。
しかし、カタログやサンプルを見て決めた場合、後から他の良かったと言う事が起きてしまう事もあります。
そこでお勧めとなるのが住宅展示場やショールームの見学です。
住宅展示場には大きな家が建築されているので自分達は関係ないと言うイメージを持つ人も多いのですが、住宅展示場は家のサンプルを見ることが出来る施設でもあり、カタログや小さなサンプルとは異なり、直接目で見ることが出来るため、家の設備を考える時などにも参考になりますし、ショールームについても実際の製品が目の前にあるので目で見るだけではなく、手で触ってみることも出来るなどのメリットがあるのです。

住まいの印象を決める建築デザインは、外観や内装などの装飾的な面だけでなく、全体の構造、間取り、設備などを含めた住環境の機能的な面、予算などの経済的な面などバランス良く総合的に考えて決めると良いです。

© Copyright Remodeling & Construction. All Rights Reserved.